2016年07月25日

一粒の代償の巻!

闘病中の三郎氏・・・

この間の検査で、また結果は正常やった〜顔(泣)

これでステロイドは半分の量に減った。

しかし、完全に薬がきれたら1週間で再発する子もいるみたい
やからいきなり小躍りはできん状態やけど、とりあえずは
結果が良くて元気やから少し安心ですわもうやだ〜(悲しい顔)

ご心配頂いた皆さま、本当にありがとうございました。
幸せ者の三郎、長生きしてもらいまっせGood


さてさて、何が代償やねん??
そう、おやじ家では季節がよくなると庭で3おやじの
お食事タイムが決行される。(そんなえーもんかあせあせ(飛び散る汗)

その時に、あほっ八の野郎は秒殺食いのため、フードを
飛び散らかせながら食す習慣あり顔(なに〜)

いつもは一粒残らず探しあて、さぶや大の残りまでチェック
するのだが、どうやら一粒人工芝の下に落としておったようだ。

何やガリガリ音しとんな?と覗いてみたら、この野郎ちっ(怒った顔)
(横の闘病中のギャラリーはほんまに見てるだけふらふら

image.jpeg



人工芝に穴開けてまでその一粒を捕獲しやがったふらふら

image.jpeg


たった一粒のおかげで、ぽっかり穴を開けられてしまった
人工芝。。。
気の毒に顔(汗)


食べさせてない子のように、いやしい八郎でありました。

ほんでお風呂嫌いな八郎下
自分の出番になると、どこかへ必ず逃げてますねん。

image.jpeg

毎回有無を言わさず連れていかれるのに、いい加減に自分から
お風呂入って来いよ顔(汗)


3おやじとも、性格が全然違うからおもろいわ〜と
毎日楽しんでるおかんでありますっわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

ニックネーム sabu&dai at 09:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

八郎の誕生日の巻!

はぁ・・・やっとブログを書く気分にまでなってきた。

おかん、相当今回は凹んでましてんたらーっ(汗)

かなり長文になりまっせ下

前記事のあほっ八のしこりは今回は良性でしてん。。。
その結果で喜んだのもつかの間・・・
今度は三郎でしてん顔(なに〜)


3おやじを入浴させ、庭で天日干ししてて洗濯を干してたら
さぶが咳とくしゃみをしていた。

いつも歯槽膿漏でその症状は少しは出るのでいつものかと
そう気にはしてなかったけど、あまりにも長いので目を
やってみると殺人現場??って感じの流血がく〜(落胆した顔)

おかんかなり動揺して、吐血??と思ってティッシュを
持ち近寄ったら鼻血やんかもうやだ〜(悲しい顔)
犬の鼻血??よくないんちゃうんか。
一度とまり、もう一回くしゃみをしたらまた出たたらーっ(汗)
これ絶対やばいと思い、ちょうど病院が休みの日やったん
やが電話したら、鼻血は良くないので救急で連れて来て
欲しいとのこと。

もうさぶも13歳で足のふらつきもあるし、麻酔をかけての
検査は避けたいと伝えた。
救急で行ったのでとりあえず応急処置のみで帰り、次の日に
詳しく血液検査など色々したら、なんと血小板がかなり少ない。

おまけに今度は眼球の白目のところ、おちんちんのところから
も出血。
そりゃあんなけ血小板が少なくなってたら、血も止まりにくい
わなぁ・・・

血液検査からは血小板のところしか異常が見つからなかった
ので、突発的に少なくなったと仮定して治療が始まった。
鼻の奥に腫瘍なんかがあっても鼻血が出たりするけど、こんなけ
出血してたらかなり腫瘍が悪さしてるから、もしあれば血液検査
で何かしら出てくるであろうが出てきてないので腫瘍は今回は
考えずに治療を進める。

まずはガツンと効かす為にステロイドを投与。
本当はさぶの体重なら倍の量を飲まんとあかんのやけど、
副作用がどう出てくるかやから、はじめは半分の量で1週間
飲み始めた。

こうやって治療してる間にも出血が繰り返され、鼻血のように
見えるとこならいいけど、内臓が出血してしもて貧血を起こし、
ぐったりしてきて輸血になると先が短いという、みんなのパターン
を色々勉強してほんまに死を覚悟せなあかん病気なんやなと
思った。
ほんで一回なってしまうと完治が難しく、うまいこと薬で
付き合って行かんとあかん病気とも知った。

とにかく初めの1週間のステロイドでどんなけ効いてくれるか、
ドキドキで病院へ行ってまたもや検査。

この1週間、本当に神頼みしかないと思って祈っておったのだ。

ほんなら何と、三郎氏・・・血小板も値も正常値になって
いたのだもうやだ〜(悲しい顔)
ステロイドを投与しても効かないパターンもあるみたいやが、
さぶには効いてくれたようだ。

恐れていた副作用もなく、食欲増進だけであった。
もともと偏食のさぶには、めちゃくちゃいやしくなるぐらい
食べてくれ、薬も飲んでくれるのでありがたい副作用に
なってたのである。

はぁ・・・病院でさぶを抱きしめ、泣きたくなった。
一山越えたって感じがした。

まだ安心はできないんやが、次の1週間はステロイドを半分
に減らして様子を見る。

その後は経過がよければ、薬をやめても値がキープできて
再発しないかを経過観察となった。

もう13歳なのである程度覚悟はできているが、今回のように
血だらけで死なれてたりしたら、おかんは一生十字架を背負う
ような気がする。。。
今回もちょうどいてる時で良かった。
頼むから老衰で眠るように逝っておくれ。

ずっと凹みながらの生活やったが、またいつものさぶに戻って
くれているので、少し安心してますねん。

こうやってさぶの事ばっかり考えておったが、大と八にも気を
配らなあかんな。

そうそう、今日はあほっ八の10歳の誕生日やな顔(笑)

もう立派なシニアやのに、まだ子犬の遊び方をする八。
あんたはそのままの性格で最後まで行くんやろな。


おばーちゃんからケーキを買ってもらい、早速やって参り
ましたぜっ

image.jpeg


またかなりの横目目

ピリピリモード突入やんかふらふら

image.jpeg


なぜって隣にヨレヨレでもまだ貫禄のある大五郎がいた
からでありました

image.jpeg


この後、秒殺食いで食されました。

おやつもたくさんプレゼントでもらい、本当に幸せな3おやじ
であります。

今回のさぶの病気で、家族中みんなが仕事の合間をぬって
様子を見に来てくれたりと、3おやじはみんなに大事に
されててうれしいなとおかんは思いました。


まだまだ長生きしてほしいけど、それなりにみんな覚悟も
しとかなあかんけど、暖かい布団の上で眠るように
逝ってくれよとおかんの願いはそれだけですわ。

苦しんで逝くのは許さんからな顔(泣)


神様、もう少しまだ一緒にいさせて下さいよ。
お願いしますふらふら



ニックネーム sabu&dai at 21:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする